欧米クラシック・シリーズ​​第47弾は、革命家や芸術家、スポーツ選手、政治家から犯罪者まで、歴史に名を遺した人たちを取り上げた伝記映画を10本セレクトしてお届けします。

演ずるはスペンサー・トレイシー、グレゴリー・ペック、ジェームズ・スチュアートら名優たち。

歴史に想いを馳せながら、ぜひ10本の作品群をお楽しみ下さい!

例によって複数本割もございますので、ぜひご利用下さい!!

 

上映期間 6月29日(月)~7月10日(金)

上映作品(全作品DVD上映)

『スタンレー探検記』Stanley and Livingstone(1939年/米/B&W/101分)

監督:ヘンリー・キング

原作:ハル・ロング サム・ヘルマン

脚本:フィリップ・ダン ジュリアン・ジョセフソン

撮影:ジョージ・バーンズ

音楽:ルイス・シルヴァース デヴィッド・ラクシン

出演:スペンサー・トレイシー ナンシー・ケリー リチャード・グリーン ウォルター・ブレナン チャールズ・コバーン セドリック・ハードウィック

★アフリカで行方不明になったリヴィングストン博士を捜すために現地へ向かった新聞記者スタンレーは、博士と劇的な面会を果たす。彼の地域への取り組みに感動したスタンレーはその経過を探検記として発表するが、彼を待ち構えていたのは英国地理学会の誹謗中傷だった。

上映日:6月29日(月)&7月10日(金)15時

『奇傑パンチョ』Viva Villa ! (1934年/米/B&W/105分)

監督:ジャック・コンウェイ ハワード・ホークス

製作:デヴィッド・O・セルズニック

脚本:ベン・ヘクト

音楽:ハーバート・ストサート

出演:ウォーレス・ビアリー レオ・キャリロ フェイ・レイ ドナルド・クック スチュアート・アーウィンミシャ・オウア

★1880年代のメキシコでは圧政が敷かれていた。農奴の家庭に生まれたパンチョは、悲惨な死を遂げた父親の無念を晴らすべく立ち上がり、義賊として恐れられるようになった。そんな彼の一代記。やむを得ぬ事情で途中で監督が交代したが、実質的にはメキシコでの撮影をほとんど手がけたハワード・ホークスの作品とも言える。

上映日:6月29日(月)17時、7月8日(水)15時

『楽聖ベートーヴェン』Un Grand Amour de Beethoven(1936年/仏/B&W/112分)

監督:アベル・ガンス

脚本:アベル・ガンス スティーヴ・パスール

撮影:マルク・フォサール ロベール・ルフェーヴル

出演:アリ・ボール ジャニー・オルト アニー・デュコー ジャヌ・マルカン ジャン=ルイ・バロー ジャン・ドビュクール マルセル・ダリオ

★19世紀はじめ、若きベートーヴェンはウィーンの娘ジュリエッタに思いを寄せていたが、彼女は伯爵と結婚してしまう。失意の彼を慰めるテレーゼとの愛も報われぬまま、彼は次第に聴覚を失っていく。そんな苦悩の中で数々の名曲を生み出した”楽聖”が、やがて死を迎えるまでの伝記映画。

上映日:7月1日(水)&7月9日(木)17時

『エイブ・リンカーン』Abe Lincoln in Illinois(1940年/米/B&W/109分)

監督:ジョン・クロムウェル

製作:マックス・ゴーロン

原作:ロバート・E・シャーウッド

脚本:グローヴァー・ジョーンズ

撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ

音楽:ロイ・ウェッブ

出演:レイモンド・マッセイ ジーン・ロックハート ルース・ゴードン メアリー・ハワード ドロシー・ツリー マイナー・ワトソン アラン・バクスター

★ピューリッツア賞を獲得したロバート・シャーウッドの舞台劇を、彼自身が脚色したリンカーンの伝記映画。イリノイの片田舎で暮らしていたエイブが、上院議員の妻の妹と結ばれ困難を乗り越えて大統領に選ばれるまでを感動的に描いている。舞台で主役を演じたマッセイが映画でも起用され、アカデミー賞主演男優賞と撮影賞にもノミネートされた。

上映日:7月1日(水)&7月9日(木)15時

『フロンティア・マーシャル』Frontier Marshal(1939年/米/B&W/71分)

監督:アラン・ドワン

製作総指揮:ソル・M・ワーツェル

原作:スチュアート・N・レイク

脚本:サム・ヘルマン

撮影:チャールズ・クラーク

出演:ランドルフ・スコット ナンシー・ケリー シーザー・ロメロ ビニー・バーンズ ジョン・キャラダイン エドワード・ノリス エディ・フォイ・Jr ウォード・ボンド ロン・チェイニー・Jr

★銀鉱山発掘のブームに沸くメキシコ国境近くのトゥームストーンで、保安官に赴任した男が町の浄化を図る物語。実在した主人公のワイアット・アープ本人からの聞き語りが原作で、34年に続いて、この作品は2度目の映画化。3度目のリメイクである「荒野の決闘」との大きな違いはクラントン一家が登場しないことか。

上映日:7月6日(月)&10日(金)19時

『征服』Conquest(1937年/米/B&W/113分)

監督:クラレンス・ブラウン

製作:バーナード・H・ハイマン

原作:ワオロー・ガシロロウスキー

脚本:サミュエル・ホッフェンスタイン サルカ・ヴィアテル S・N・バーマン

撮影:カール・フロイント

音楽:ハーバート・ストサート

出演:シャルル・ボワイエ グレタ・ガルボ レジナルド・オーウェン アラン・マーシャル ヘンリー・スティーヴンソン リーフ・エリクソン デイム・メイ・ウィッティ

★ポーランドへ侵攻したナポレオンが、歓迎の宴で伯爵夫人マリーに魅せられて愛人にするが、結ばれぬという、ナポレオンの歴史的秘話を、献身的に仕えるひとりの女性を中心にしたメロドラマ仕立てで描いた大作。300万ドルの費用と5ヶ月の撮影日数を費やした。

上映日:7月3日(金)17時、9日(木)19時

『夜の人々』They Live by Night(1948年/米/B&W/96分)

監督:ニコラス・レイ

製作:ジョン・ハウスマン

原作:エドワード・アンダーソン

脚本:チャールズ・シュニー

撮影:ジョージ・E・ディスカント

音楽:リー・ハーライン

出演:ファーリー・グレンジャー キャシー・オドネル ハワード・ダ・シルヴァ ジェイ・C・フリッペン ウィル・ライト イアン・ウルフ

★1930年代前半にアメリカ中西部で銀行強盗を繰り返した、ボニーとクライドをモデルにした作品。貧困にあえぐ庶民は彼らの行動に共感すら抱いていた。そのため、単なるギャング映画ではなく、痛ましさの中に繊細な美しささえ感じられる感動的な作品に仕上がっている。ニコラス・レイ監督の処女作。

上映日:7月3日(金)15時、8日(水)17

『愛欲の十字路』David and Bathshea (1951年/米/カラー/116分)

監督:ヘンリー・キング

製作:ダリル・F・ザナック

脚本:フィリップ・ダン

撮影:レオン・シャムロイ

音楽:アルフレッド・ニューマン

出演:グレゴリー・ペック スーザン・ヘイワード レイモンド・マッセイ キーロン・ムーア ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス

★3000年前のイスラエルが舞台の、聖書に基づく古代史劇。エルサレムの宮殿に住むダヴィド王は、湯浴みする人妻にひと目惚れして恋に落ちた。そのため神の怒りに触れて国は大きな飢饉に見舞われる。ダヴィド王は自分の犯した罪を神に告白して赦しを請うのだった。アカデミー賞撮影賞ほか、5部門でノミネートされた。

上映日:7月2日(木)17時、8日(水)19時

『甦える熱球』The Stratton Story(1949年/米/B&W/106分)

監督:サム・ウッド

製作:ジャック・カミングス

原案:ダグラス・モロー

脚本:ダグラス・モロー ガイ・トロスパー

撮影:ハロルド・ロッソン

音楽:アドルフ・ドイッチ

出演:ジェームズ・スチュワート ジューン・アリソン フランク・モーガン アグネス・ムーアヘッド ビル・ウィリアムズ ブルース・コウキング

★テキサスの田舎町で草野球に熱中するモンティの素質を見抜いた男が、ホワイトソックス球団へ彼を売り込む。その後、猟銃の暴発で片足を失ったモンティが、妻に励まされながらカムバックを果たすという、実在の野球選手モンティ・ストラットンのの自伝映画。アカデミー賞脚本賞(原作)を受賞。

上映日:7月2日(木)&6日(月)15時

『最後の無法者』Billy The Kid(1946年/米/B&W/95分)

監督:デヴィッド・ミラー

製作:アーヴィング・アッシャー

原作:ウォルター・ノーブル・バーンズ

脚本:ハワード・エメット・ロジャース ブラッドベリイ・フート

脚色:ジーン・フォウラー

撮影:レナード・スミス ウィリアム・V・スコール

音楽:デヴィッド・スネル

出演:ロバート・テイラー ブライアン・ドンレヴィ イアン・ハンター メアリー・ハワード ジーン・ロックハート ロン・チェイニー・Jr

★15才で家を出てアウトローの生活を送り21才で生涯を閉じた”ビリー・ザ・キッド”の伝記映画。正義感から無法者を次々に殺害するビリーを、やむなく旧友が追いつめる。実在の名前で登場するのはビリーだけで、史実とは離れた自由な脚色がほどこされている。アカデミー賞撮影賞にノミネートされた雄大な西部の風景が美しい。

上映日:7月6日(月)&10日(金)17時

入場料:1300円均一(当日券のみ)

※2本連続鑑賞2400円 3本連続鑑賞3500円 

欧米クラシック・シリーズ㊼

伝記映画特集

 

Copyright (C) 2015 copyrights.cinema novecento All Rights Reserved. © 2015 by Cinema Novecento Films. Proudly created with Wix.com

運営会社:株式会社シネマノヴェチェント 〒220-0051 横浜市西区中央2-1-8 岩崎ビル2F  ☎045(548)8712 eメール:info@cinema1900.yokohama