​    遂に終映日決定!

『ラーマーヤナ/  ラーマ王子伝説』

 

酒向雄豪監督が巨額の製作費を注いで、インドの有名な英雄伝『ラーマーヤナ』をアニメ化した超大作『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』

1993年に完成したものの、製作サイドの諸事情で一般ロードショーには至らず、映画祭などで数回上映されただけで、封印されてしまった不遇作でした。

しかし、この度、製作25周年を機に本作の真価を世に問うべく、オリジナル35ミリプリントでのロングラン上映が決定。

インド映画のエンターテインメント性と、ジャパニメーションの技術が見事に融合したこの傑作がついに日の目を見る時が来ました。

ラストイベントとなる9月22日は「スニール・ダット氏の平和行進」をテーマに開催します。

『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』は、一人の人間の着想を超え、出会いの連続によって生まれた作品です。

まるで『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』が意志をもっているかのように、人と人をつなぎ展開されてきました。
インドの精神文明に深い関心を寄せた酒向氏の「ラーマーヤナ」遺跡発掘ドキュメンタリーが発端となり、インドの宗教団体から抗議をうけ、謝罪会見からアニメーションを作ろうという着想の閃き! 

アニメならぜひ私が、とインドのアニメの父とラーム・モハン氏の登場で、彼の仕事仲間のオベロイ氏とスニール・ダット氏も製作発起人となります。
インドのスーパーヒーロー俳優、社会活動家、政治家であるスニール・ダット氏は、インド政府との交渉を一手に引き受け、彼の度重なる尽力にも関わらず当時の政府からは許可こそ得られませんでしたが、彼との友情により、
『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』製作発起人と投資家グループは、映画だけでなく、共に行ったもう一つの活動がありました。
それが1988年の「長崎・広島平和行進」です。

そしてその行進を共に実現したのが、日本山妙法寺と日蓮系の仏教グループでした。

このご縁にも、インドと日本の精神的な出会いがありました。

藤井日達上人とマハートマ・ガンディーの出会いです。

「殺生するなかれ」という仏の教えとガンディーの非暴力は、実は同じことを目指しているのです。

スニール・ダットの平和行進はこの二人の理想を体現したものともいえるでしょう。

トークゲストにスニール・ダット氏にもあったことのある林明さん(弘前大学人文社会科学部准教授)をお招きして いろいろとお話を伺います。
また最終回ということで、
『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』製作関係者との対談も予定しています。

アニメーション制作統括の石黒育さんにご参加いただく予定です。

大人も子供も楽しめる、酒向雄豪監督乾坤一擲の本作が、シネマノヴェチェントでお楽しみいただける最後の機会、お見逃しなく!!

 

上映作品

『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』(1993年 インド=日本 35ミリ カラー 135分)

監督:ラーム・モハン 佐々木皓一 酒向雄豪

制作:吉居憲治 S.S.オベロイ

制作プロデューサー:石黒育

原作:ヴァールミーキ

脚本:ナレンドラ・シャルマ 酒向雄豪

作画監督:小林一幸

美術監督:松岡聡

美術設定:ナチケット・バトゥワードゥハン ジュユー・バトゥワードゥハン

音響監督:青木正嗣

音楽:ヴァンラジ・バティア

声の出演:ニキール・カプール ラエル・バダムシー ウダイ・マタン ミシャル・ヴァルマ ノエル・ゴディン

メイキング映像はこちら

 

上映期間

2018年9月1日(土)~2019年9月30日(月)【休映日あり】

※通常上映回スケジュールはこちらからご確認下さい

 

 

イベント回

9月22日(日)

14時30分~『ラーマーヤナ/ラーマ王子伝説』上映

16時45分~休憩

17時~トークショー:石黒育さん、林明さん浅野哲哉さん

18時30分頃終演予定

※終演後、当館近所ネパールレストラン・ラスミでゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)

入場料:1800円均一

★9月23日のみ特別料金 前売3000円 当日3500円 懇親会費3500円​

Copyright (C) 2015 copyrights.cinema novecento All Rights Reserved. © 2015 by Cinema Novecento Films. Proudly created with Wix.com

運営会社:株式会社シネマノヴェチェント 〒220-0051 横浜市西区中央2-1-8 岩崎ビル2F  ☎045(548)8712 eメール:info@cinema1900.yokohama