欧米クラシック・シリーズ第18弾は、アメリカで最高のシャーロック・ホームズ俳優として名高いベイジル・ラズボーンとワトソン博士役のナイジェル・ブルースのコンビがつくりあげたシャーロック・ホームズ・シリーズ14作品中の日本未公開10作品を特集上映します。

当時、戦中・戦後という時代背景により日本で公開されなかったシリーズながら、シャーロック・ホームズの映画化作品の決定版として本国はもとより、世界的に人気を得ている作品群です。

主演は銀幕史上で“シャーロック・ホームズ”といえば、この人、ベイジル・ラズボーン。

痩せすぎの長身、尖った高い鼻、鋭い目つき・・・まるで小説の中から抜け出してきたかのような風貌を備え、シャーロック・ホームズ像を確立しました。

この機会に、世界で一番有名な名探偵の活躍を、スクリーンでお楽しみ下さい!

例によって、観れば観るほど安くなる複数本割引もございますので、ぜひ御利用下さい。

上映期間 4月2日(月)~6日(金)

上映作品(全作品アメリカ/モノクロ/DVD上映)

『バスカヴィル家の犬』 THE HOUND OF THE BASKERVILLES 1939年/80分

監督: シドニー・ランフィールド 

原作: アーサー・コナン・ドイル 

脚本: アーネスト・パスカル 

撮影: ペヴァレル・マーレイ 

出演: ベイジル・ラスボーン ナイジェル・ブルース リチャード・グリーン  ウェンディ・バリー  ライオネル・アトウィル  ジョン・キャラダイン  バーロウ・ボーランド  ベリル・マーサー  モートン・ロウリー

★魔の犬の伝説がある富豪のバスカヴィル家で、当主のチャールズ・バスカヴィル卿が死体で発見される。表向きには心臓発作による病死と発表されたが、卿の死体のそばには犬の足跡があった。ホームズは事件の調査を、チャールズ卿の主治医であり友人でもあるモーティマー博士から依頼される。子息のいないチャールズ卿の正統な後継者は、チャールズ卿の甥に あたるヘンリー・バスカヴィル卿一人である。しかし、モーティマー博士に伴われてロンドンにやってきたヘンリー卿の元にも、バスカヴィルの館へ赴く事を警告する謎の手紙が届く。ヴィクトリア朝時代のセットの作りやダートムアの霧深い風景、そして魔犬など、原作の持ち味を十分に再現して秀逸。

上映日時:4/2(月)17:30~、5(木)13:00~

 

『シャーロック・ホームズの冒険』 THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES 1939年/85分  

監督: アルフレッド・ワーカー 

原作: アーサー・コナン・ドイル 

脚本: エドウィン・ブラム  ウィリアム・ドレイク 

撮影: レオン・シャムロイ 

出演: ベイジル・ラスボーン ナイジェル・ブルース アイダ・ルピノ  ジョージ・ザッコ  アラン・マーシャル  ヘンリー・スティーヴンソン  E・E・クライヴ

★英国史上最大の犯罪者モリアーティ教授は、殺人容疑で裁判にかけられるが証拠不十分で無罪放免になる。モリアーティはすぐに次の犯罪計画を立てるが、成功させるためにはホームズの目を欺かなければならない。ある日、若き淑女のところへ、彼女の兄を殺すという匿名の脅迫状が送られて来た。捜査を依頼されたホームズとワトソンは彼女の身辺を守るべく動き出す。ホームズとワトソンは複雑に絡み合ったこれらの謎を解きながらモリアーティ教授に迫っていく。シリーズ最高作と評されるこの作品は、ガイ・リッチーが『シャーロック・ホームズ』(2009)でオマージュを捧げた作品としても知られる。ヴィクトリア朝時代を設定した本作はウイリアム・ジレットの舞台戯曲を翻案として作られた。

 上映日時:4/2(月)19:00~、5(木)14:30~

『シャーロック・ホームズと恐怖の声』 SHERLOCK HOLMES AND THE VOICE OF TERROR 1942年/65分

監督: ジョン・ロウリンズ 

製作: ハワード・ベネディクト 

原作: アーサー・コナン・ドイル 

脚本: リン・リッグス  ジョン・ブライト 

撮影: ウディ・ブレデル 

出演: ベイジル・ラスボーン ナイジェル・ブルース イヴリン・アンカース  レジナルド・デニー  トーマス・ゴメス  ヘンリー・ダニエル  モンタギュー・ラヴ

★ナチスの活動家がロンドンに向けて新たな破壊工作を無線“voice of terror”で予告。直後に汽車の脱線事故、ダムの破壊、石油工場の爆発等が起きロンドン市民は恐怖にさらされる。この危機を救うためホームズは情報部から召還される。ホームズとワトソンが調査を開始した最初の夜に訪ねて来た男はナイフで刺されひと言つぶやき死んだ。彼の最後の言葉に導かれて貧民窟へ行ったホームズは、そこで殺された男の恋人に出会い事件の真相を紐解く手掛かりを掴む。この作品は、第2次大戦に参加したことにより時代設定はヴィクトリア朝時代から1940年代に変わり、内容も戦争プロパガンダの要素が色濃く反映した作品として製作。ドイルの『最後の挨拶』を原案として作られている。

 上映日時:4/4(水)13:00~、5(木)19:00~

『ワシントンのシャーロック・ホームズ』SHERLOCK HOLMES IN WASHINGTON 1943年/71分

監督・製作: ロイ・ウィリアム・ニール

原作: アーサー・コナン・ドイル 

脚本: リン・リッグス  バートラム・ミルハウザー 

撮影: レスター・ホワイト 

出演: ベイジル・ラスボーン ナイジェル・ブルース マージョリー・ロード  ヘンリー・ダニエル  ジョージ・ザッコ  ジョン・アーチャー  ギャヴィン・ミューア  ホームズ・ハーバート

★機密書類を運んでいたイギリスの秘密謀報部員が、アメリカへ届ける途中で殺された。政府から依頼を受けたホームズは、彼が運んでいた書類はマイクロフィルムだと推理し、彼を殺した犯人を見つけだす。書類が国際的スパイ組織の手に落ちる前に取り戻すべくワトソンと共にワシントンに向かう。謀報部員は死ぬ前にマイクロフィルムを何も知らないワシントン社交界の花嫁に渡していた。V for Victory(勝利のV)と書かれたマッチ箱に入れられたマイクロフイルムが、パーテイの中、次々に人手に渡っていってしまう。スリリングなストーリー展開の面白さはバートラム・ミルハウザーのオリジナルストーリー、脚本によるところが多い。

 上映日時:4/4(水)17:30~、6(金)16:00~

『シャーロック・ホームズ危機一髪』 SHERLOCK HOLMES FACES DEATH 1943年/68分

監督・製作:ロイ・ウィリアム・ニール

原作:アーサー・コナン・ドイル

脚本:バートラム・ミルハウザー

撮影:チャールズ・ヴァン・エンジャー

出演:ベイジル・ラスボーン ナイジェル・ブルース デニス・ホーイ ヒラリー・ブルック ミルバーン・ストーン アーサー・マーゲットソン

★ワトソン博士はノーサンバーランドの将校たちが療養するマズグレーヴ家で住み込み医をしていた。そこは大邸宅であり、また戦争後遺症に苦しむ人々を受け入れている病院でもあった。ある日、邸宅で謎の殺人事件が発生し、スコットランドヤードのレストレード警部もやってくる。この殺人はマズグレーヴ家にまつわる古い、そして一見無意味に見える儀式に関係しているようである。調査を始めたホームズは、その儀式が土地の証書の隠し場所を示している事を突き止める。家主に莫大な富をもたらした証書だ。反ナチズムの要素や戦時色が薄れ怪奇ムードが漂うホームズ・ミステリー。『マスグレーブ家の儀式』を翻案。

 上映日時:4/2(月)13:00~、5(木)17:30~

『死の真珠』THE PEARL OF DEATH 1944年/69分

監督・ 製作: ロイ・ウィリアム・ニール 

原作: アーサー・コナン・ドイル 

脚本: バートラム・ミルハウザー 

撮影: ヴァージル・ミラー 

出演: ベイジル・ラスボーン ナイジェル・ブルース イヴリン・アンカース  デニス・ホーイ  マイルズ・マンダー  メアリー・ゴードン  イアン・ウルフ  ホームズ・ハーバート

★略奪された高価な宝石“死の真珠”をめぐって、謎の連続殺人事件が発生。どの現場にも、粉々に割られた陶磁器が散乱していた。ここに事件を解くカギが隠されていると読んだホームズは、独自の角度で調査を開始。やがて事件は全ヨーロッパで悪事を重ねる“犯罪王”コノヴァーを軸に、意外な方向に展開していく―――。主演のベイジル・ラスボーンは冷静かつ大胆なホームズを好演。とぼけた味わいを醸しだすワトスン役のナイジェル・ブルースとともに抜群のコンビネーションを見せている。いつもホームズを敵視しているレストレード警部が珍しく尊敬のまなざしを寄せるシーンは必見。全編を通じてホームズの推理力が冴えわたるスリリングな作品。

 上映日時:4/4(水)19:00~、6(金)13:00~

『蜘蛛女』 THE SPIDER WOMAN 1944年/63分

監督・ 製作: ロイ・ウィリアム・ニール 

原作: アーサー・コナン・ドイル 

脚本: バートラム・ミルハウザー 

撮影: チャールズ・ヴァン・エンジャー 

出演: ベイジル・ラスボーン ナイジェル・ブルース ゲイル・ソンダーガード  デニス・ホーイ  アーサー・ホール  メアリー・ゴードン  ヴァーノン・ダウニング

★ホームズは新聞記事が“ロンドン連続パジャマ自殺”と報道する事件を引き受ける。男性が何も異常のない状態でベッドに入るが、間もなくして自殺してしまうという不可思議な事件だ。これは組織犯罪で首謀者は欧州屈指の極悪人と睨んだホームズは、自由に調査をするため自分の死を偽装する。殺害の手口が非常に繊細で残酷なことから女版モリアーティとも言える女性が死の背後にいると確信していた。ホームズはその女をおびき出すためにターバンを巻いた裕福なインド人に変装するが、彼女にすぐ見破られてしまう。やがて彼女はホームズを罠にかけ絶体絶命と思われるカーニバルの射撃場に立たせるのだった。本作は『四つの署名』『最後の事件』など多くのホームズ潭からヒントを得て製作された。

 上映日時:4/2(月)14:30~、6(金)19:00~

『緋色の爪』 THE SCARLET CLAW 1944年/74分

監督・ 製作: ロイ・ウィリアム・ニール 

原作: アーサー・コナン・ドイル 

脚本: ロイ・ウィリアム・ニール  エドマンド・L・ハートマン 

撮影: ジョージ・ロビンソン 

出演: ベイジル・ラスボーン ナイジェル・ブルース ジェラルド・ハーメル  ポール・キャヴァナー  アーサー・ホール  マイルズ・マンダー  ケイ・ハーディング

★カナダ、ケベックで開かれた王立カナダ・オカルト協会の会合に参加したホームズとワトソンはラ・モルト・ルージュ村で起きた殺人事件の調査をするはめになる。ホームズはペンローズ夫人から命を狙われてるので助けてほしいとという手紙を受け取る。しかし、時すでに遅し、手紙を受け取った時にはすでに殺されていた。喉を切り裂かれ死んだ彼女に、村人たちは化け物と悪霊が原因だと噂する。 『シャーロック・ホームズ危機一髪』と並んで怪奇趣味が色濃い本作は『バスカヴィル家の犬』『シャーロック・ホームズの冒険』と並んで評価が高い。ヴィクトル・エリセ監督が初めて見た映画で、エリセは2006年、劇中の村の名前“ラ・モルト・ルージュ”を題した『ラ・モルト・ルージュ』(短編)を撮っている。

 上映日時:4/2(月)16:00~、5(木)16:00~

『恐怖の館』 THE HOUSE OF FEAR 1945年/69分

監督・ 製作: ロイ・ウィリアム・ニール 

原作: アーサー・コナン・ドイル 

脚本: ロイ・チャンスラー 

撮影: ヴァージル・ミラー 

出演: ベイジル・ラスボーン ナイジェル・ブルース オーブリー・メイザー  デニス・ホーイ  ポール・キャヴァナー  ホームズ・ハーバート  ハリー・コーディング  ギャヴィン・ミューア

★スコットランドの西海岸に建つ“恐怖の館”と呼ばれる不気味な館に住む7人の紳士。

 彼らは現役を引退したが近い親類がおらず、クラブを結成し館に移った者達だ。しかし、お互いの高額な保険証書を手に入れた後、クラブのメンバーは次々と死んでいく。彼らには死ぬ前にオレンジの種が入った封筒が送られてきていた。ホームズとワトソンは保険会社の依頼で殺人をくい止める事と、亡くなった後に五体満足な姿で発見されない死体の謎を解明するためクラブを訪ねる。推理の過程でいつもは無力なワトソンが、事件の証拠を見つけ、ホームズの捜査を助けるシーンも登場する。コナン・ドイルの短編『五つのオレンジの種』や『そして誰もいなくなった』を翻案して作られている。

 上映日時:4/4(水)14:30~、6(金)17:30~

『アルジェへの追跡』PURSUIT TO ALGIERS 1945年/65分

監督・ 製作: ロイ・ウィリアム・ニール 

製作総指揮: ハワード・ベネディクト 

原作: アーサー・コナン・ドイル 

脚本: レナード・リー 

撮影: ポール・アイヴァノ 

出演: ベイジル・ラスボーン ナイジェル・ブルース マージョリー・リオーダン  ロザリンド・イヴァン  マーティン・コスレック  ジョン・アボット  ジェラルド・ハーメル

★ロベニアの首相が手の込んだやり方でホームズを待ち伏せして、ある人物を英国から指定の場所まで護衛して欲しいと願い出る。反勢力によって国王を暗殺されたため、幼少期に身分を隠して渡英した留学中の皇太子ニコラスをアルジェまで送り届けて欲しいというのだ。早速、約束の飛行場に出向いたホームズとワトソンだったが、ワトソンは同行を拒否される。飛行機のエンジンに問題が生じたため代替機には3人しか乗れないと言うのだ。やむおえずワトソンは船で向かい現地で落ち合うことにする。ニコラス暗殺を目論む殺し屋グループとの一進一退の局面のなか、ホームズの抜け目のない行動が悪の一味を追い詰めていく。舞台のほとんどが大西洋を渡る客船の上で展開される物語。

上映日時:4/4(水)16:00~、6(金)14:30~

入場料:各1100円均一(当日券のみ)

※2本割 2100円 3本割 3100円 4本割4000円 5本割4900円​

欧米クラシック・シリーズ⑱

シャーロック・ホームズ特集

 

Copyright (C) 2015 copyrights.cinema novecento All Rights Reserved. © 2015 by Cinema Novecento Films. Proudly created with Wix.com

運営会社:株式会社シネマノヴェチェント 〒220-0051 横浜市西区中央2-1-8 岩崎ビル2F  ☎045(548)8712 eメール:info@cinema1900.yokohama