​   残酷エフェクトの教祖

西村喜廣監督特集

 

西村喜廣

1967年、東京都台東区浅草出身。

幼少時にレイ・ハリーハウゼンによる「シンドバッドシリーズ」に感銘を受け特殊造形の道を志す。

学生時代から自主映画を制作。特殊造型、特殊メイク、撮影、照明ほか、映像制作に必要な技術を独学で習得。

青山学院大学卒業後、CM制作会社に入りプロの現場を学ぶ。

1995年、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』オフシアター部門で、自主制作映画『限界人口係数』が審査員特別賞を受賞。

2004年、ゆうばり出資により全編夕張ロケの『スピーカーマン』を監督。

2008年、劇場映画初監督作品『東京残酷警察』を発表。

本作でおよそ73もの映画祭にノミネートし、内5つにおいて金賞・観客賞などを受賞。

以降、今日まで残酷効果アーティストとして多くの映像作品に参加する傍ら、自らの監督作品もコンスタントに発表。

最新劇場公開監督作は『TOKYOドラゴン飯店』(2020)。

 

最新作『TOKYOドラゴン飯店』の公開を記念して、西村喜廣監督の代表作を、豪華イベント付きで特集上映!!

出世作『東京残酷警察』の原点である自主作品『限界人口係数』から、海外のファンタジック映画祭を席巻し、その名を知らしめた『吸血少女対少女フランケン』、独自のゾンビ観がファンを狂喜させた『ヘルドライバー』、時代劇アクションに挑戦した意欲作『虎影』、怪優田中要次の初主演作にして、スプラッタアクションホラーの決定版『蠱毒 ミートボールマシン』そして、今夏、当館にてロードショー公開された最新作『TOKYOドラゴン飯店』が凱旋、更に短編6作品も特別上映と、盛りだくさんの内容!

更にさらに、期間中の週末は豪華キャスト・スタッフ陣をゲストにお迎えしてのトークイベントも開催!
西村喜廣監督の全てに迫る8日間、お見逃しなく!!!

※なお、イベント日に限り定員を28名とさせていただきます。

西村映像公式サイト:http://www.nishi-eizo.com/

上映作品

『吸血少女対少女フランケン』(2009年 BD カラー 85分)

監督:友松直之 西村喜廣

アクション監督:カラサワイサオ

製作:三宅容介 及川次雄

企画:伊藤秀裕

原作:内田春菊

脚本:友松直之

キャラクターデザイン・特殊造形監督・編集:西村喜廣

撮影:Shu G. 百瀬

音楽監修:Blood-Stained Fellow

出演:川村ゆきえ 斎藤工 乙黒えり 亀谷さやか ジジ・ぶぅ 西崎彩 Erina 紗代 しいなえいひ 津田寛治 清水崇

あらすじ:都立東京高校に通うイケメン高校生水島樹権は、転校生の美少女有角もなみからバレンタインチョコをもらう。しかし、その手作りチョコにはある秘密が。なんと、もなみは何百年も生き続ける吸血少女で、チョコの中には彼女の血が混ぜられていた。それを食べたばかりに吸血体質になってしまった樹権は、もなみの愛を受入れようと決意する。ところが、樹権の彼女を自認する富良野けい子が、2人が屋上でキスする現場を目撃、怒りに駆られて襲いかかるが勢い余って転落死してしまう。すると、けい子はマッドサイエンティストである父の手により、少女フランケンとして蘇るのだった・・・。

 

『ヘルドライバー』(2010年 BD カラー 117分)

監督・脚本・キャラクターデザイン・編集:西村喜廣

アクション監督:カラサワイサオ

製作:杉原晃史

プロデューサー:千葉善紀 山田宏幸

共同脚本:渚大地

撮影:Shu G. 百瀬

音楽:中川孝

VFXスーパーバイザー:鹿角剛司

出演:原裕美子 しいなえいひ 波岡一喜 柳憂怜 岸建太朗 久住みず希 鳥肌実 ガダルカナル・タカ 津田寛治 斎藤工

あらすじ:謎の灰によってゾンビが蔓延、それを防ぐために高い壁が築かれ南北に分断された近未来の日本。残忍な母リッカに父を殺され、自らの心臓も奪われた少女キカは、謎の組織によって埋め込まれた人工心臓で生きながらえていた。そして、襲い来るゾンビたちを日本刀型チェーンソーでなぎ倒すと、リッカへの復讐を胸に立ち上がるのだった・・・。

 

『虎影』(2015年 BD カラー 94分)

監督・原作・キャラクターデザイン・編集・特殊造型監督:西村喜廣

アクション監督:匠馬敏郎

製作総指揮:高橋正

プロデューサー:鈴木宏美 服巻泰三

脚本:西村喜廣 継田淳

撮影:Shu G. 百瀬

特殊造型:下畑和秀

音楽:中川孝

出演:斎藤工 芳賀優里亜 しいなえいひ 津田寛治 石川樹 鳥居みゆき 島津健太郎 三元雅芸

野菜名 水井真希 屋敷紘子 三田真央 松浦りょう 仁科貴

あらすじ:かつて最強と恐れられた忍者・虎影。6年前に忍びの世界から足を洗い、今は妻子とともに穏やかな日々を送っていた。しかし、とある財宝の在処を示す巻物を狙う忍者集団の女頭領が、息子を人質に取り、虎影に2日以内に巻物を手に入れてくるよう迫る。こうして財宝を巡る争奪戦に巻き込まれていく虎影だったが・・・。

 

『蠱毒 ミートボールマシン』(2017年 BD カラー 100分)

監督・キャラクターデザイン・編集:西村喜廣

アクション監督:坂口茉琴

製作:坂本敏明

プロデューサー:山口幸彦 楠智晴 山口雄大

脚本:佐藤佐吉 西村喜廣

撮影:鈴木啓造

特殊造型:下畑和秀 奥山友太

音楽:中川孝

出演:田中要次 百合沙 鳥居みゆき 川瀬陽太 村杉蝉之介 三元雅芸 しいなえいひ 斎藤工 仁科貴 矢部太郎

あらすじ:優しい性格が災いし、まったく成績が上がらない取り立て屋の野田勇次。ある日、彼の暮らす街が突然巨大なフラスコに包まれ、外の世界と遮断されてしまう。人々は次々と謎の寄生生物によって戦闘マシン“ネクロボーグ”に変貌し、壮絶な殺し合いを始める。勇次もまた、ネクロボーグへと姿を変えてしまうが、愛する女性・三田カヲルへの想いが、辛うじて彼の正気を保たせる。そして、行方不明となったカヲルを守るべく、立ち上がる勇次だったが・・・。

『TOKYOドラゴン飯店』(2020年 BD カラー 95分)
監督:西村喜廣
アクションコーディネーター:坂口拓
エグゼクティブプロデューサー:鈴木祐介
プロデューサー:河野博明
制作プロダクション:西村映造

出演:本宮泰風 山口祥行 小沢仁志 小沢和義 八ッ橋さい子

吉田凛音 ゆうたろう

あらすじ:組の身代わりになって懲役刑を務めている辰。手の器用さから炊事係を任されていた。毎日、囚人の食事を作る辰、その作業量は過酷だ。刑期が終わり、出所した辰に兄貴分の龍が迎えに来る。抱き合う2人。
辰「兄貴、なんでスーツじゃないんですか?」
龍「結局、色々とあり、組は解散させられ、現在はテキ屋をやっている」
ショックを受ける辰だが、龍と一緒にナタデココの移動販売を始める。その資金を元に、龍と辰は中華料理店を始める。最初は閑古鳥が鳴いていた店内だったが、一人のYouTuber によって店は大繁盛する。そんなある日、向かいに新しいラーメン屋ができる。一番の敵対していた小沢組の兄弟、仁と和が経営する小沢組のラーメン屋だった。お客の引っ張り合い抗争が勃発する。ラーメンOZAWA は仁兄貴の命令で、背脂こってりの二郎系ラーメンを出しているが、和は、繊細な鶏がらスープ、深みのある醤油だれを基本とした加水率高めの麺を目指したく、ラーメンの方向性で喧嘩が絶えなかった。
和は、分厚いチャーシューよりスープに馴染む適度な厚さのチャーシューを好んだ。繁盛していたのはラーメンOZAWA だが、ある時、龍と辰の中華飯店にめちゃくちゃ美人で頭も切れる女の子・ココロがバイトとして応募してきた。形勢は逆転し、中華料理店が繁盛し始める。そうこうしているうちに、巨大勢力が中華料理店とラーメン屋を潰しにかかってくる。バイトの女の子の起点で、龍と辰、仁と和が結託し、巨大勢力に立ち向かうことになるのだが・・・。

 

中編

『限界人口係数』(1993年 16ミリ 56分)

短編集

『イエローロード』  8分                   

『abcオブデス zetumetu』 6分30秒                          

『ヘルシェフ』 12分30秒              

『moses』  5分                       

『ミートボールマシン スピンオフ』(2006年版) 10分30秒   

『63分後』  16分              

 

 

上映期間

11月21日(土)~29日(日)

 

タイムテーブル

『吸血少女対少女フランケン』

11月21日(土)13時30分~【特別興行】

11月26日(木)17時

『ヘルドライバー』

11月22日(日)13時~【特別興行】

11月27日(金)15時~

『虎影』

11月21日(土)11時~

11月27日(金)19時~

11月29日(日)12時~

『蠱毒 ミートボールマシン』

11月26日(木)19時~ 

11月28日(土)14時~【特別興行】

『TOKYOドラゴン飯店』

11月22日(日)&23日(月・祝)11時~ 

11月25日(水)19時~

11月26日(木)15時~

11月27日(金)17時~

11月28日(土)12時~

11月29日(日)14時~【特別興行】

スニークプレビュー

11月23日(月・祝)13時~【特別興行】

11月25日(土)17時~

『限界人口係数』

11月23日(月・祝)13時~【特別興行】

11月25日(土)15時~

 

 

短編集

11月22日(日)13時~【特別興行】

11月25日(土)15時~
 

イベント回

11月21日(土)

13時30分~トークショー ゲスト:西村喜廣監督斎藤工さん

14時45分~休憩

15時~『吸血少女対少女フランケン』上映

16時25分~休憩

16時40分~トークショー ゲスト:西村喜廣監督友松直之監督八ッ橋さい子さん

17時50分~両監督サイン会・撮影会

18時30分~両監督を囲んでの懇親会(要別途会費)

20時前後散会予定

 

11月22日(日)

13時~ 短編集上映

13時55分~休憩

14時05分~『ヘルドライバー』上映

16時~休憩

16時15分~トークショー ゲスト:西村喜廣監督津田寛治さん

17時50分~サイン会・撮影会

18時30分~西村監督を囲んでの懇親会(要別途会費)

20時前後散会予定

 

11月23日(月・祝)

13時~『限界人口係数』上映

14時~休憩

14時10分~ スニークプレビュー上映

16時~休憩

16時15分~トークショー ゲスト:西村喜廣監督坂口拓さん、板尾創路さん

17時50分~サインお渡し会

18時30分~西村監督を囲んでの懇親会(要別途会費)

20時前後散会予定

 

11月28日(土)

14時~『蠱毒 ミートボールマシン』上映

15時40分~休憩

15時55分~トークショー ゲスト:西村喜廣監督田中要次さん

17時30分~サインお渡し会(お二人連名のサイン色紙をプレゼント)

18時頃~西村監督を囲んでの懇親会(要別途会費)

20時前後散会予定

 

11月29日(日)

14時~『TOKYOドラゴン飯店』上映

15時35分~休憩

15時50分~トークショー ゲスト:西村喜廣監督吉田凛音さん、ゆうたろうさん

17時30分~西村監督サイン会

18時15分~監督を囲んでの懇親会(要別途会費)

20時前後散会予定

 

入場料:各1500円均一

★11月21日イベント回のみ特別料金 前売15000円 当日16000円 懇親会費4000円

11月22日イベント回のみのみ特別料金 前売6000円 当日7000円 懇親会費6000円

11月23日イベント回のみのみ特別料金 前売5000円 当日6000円 懇親会費4000円

11月28日イベント回のみのみ特別料金 前売6000円 当日7000円 懇親会費4000円

11月29日イベント回のみのみ特別料金 前売5000円 当日6000円 懇親会費4000円

※チケットは11/21を除き、10/19(月)午前10時よりオンラインチケットセンターにて発売開始。11/21のチケットのみ11/2(月)午前10時よりオンラインチケットセンターにて発売開始。一般発売に先駆け、11/1開催『ハートボイルド・フィクション』上映会内において、座席指定権付チケット先行発売あり。お一人1枚まで。

 

新型コロナウィルス感染症拡大予防のため、当館イベント参加予定の皆様に以下事項をお願いします。
・上記5イベント時のみ、定員を28名とさせていただきます。予めご了承下さいませ。

・開催前日・当日に体調のすぐれない方、熱っぽい方、咳やくしゃみが止まらない方は参加を見送って下さい。事前に不参加のご連絡を頂いた方には、ゲストのサイン入り色紙を後日お渡しさせていただきます。

 

・参加者には全員入館時に検温を行い、37.5度以上の方、また咳やくしゃみの酷い方の入館はお断りします。また、マスク着用を必須とさせていただきます。マスクをお持ちでない方はスタッフにご相談下さい。マスクはイベント中、常に着用いただきます。入館時にアルコール消毒液で、手や手首の入念な消毒も行っていただきます。

 

・上映およびトークショー中におきましては、換気を促すため、出入り口ドアを開放した状態で行います。

 

・お客様のゲストへの接触(握手など)は厳禁とさせていただきます。

・懇親会時も、お話をされるときは必ずマスクを着用の上お願いします。

 

 以上、お客様にはお手数おかけしますが、円滑で安全なイベント開催のため、ご協力のほど、切ににお願い申し上げます。

Copyright (C) 2015 copyrights.cinema novecento All Rights Reserved. © 2015 by Cinema Novecento Films. Proudly created with Wix.com

運営会社:株式会社シネマノヴェチェント 〒220-0051 横浜市西区中央2-1-8 岩崎ビル2F  ☎045(548)8712 eメール:info@cinema1900.yokohama