村川透監督とコンビを組んだ一連のハードボイルドアクション映画や、角川映画作品などで知られる名キャメラマン仙元誠三撮影監督が亡くなってから早1年が経とうとしています(2020年3月1日没)。

その一周忌として、光と影の魔術師と謳われた工藤栄一監督と組んで、その鮮やかな陰影が未だ映画ファンの語り草となっている名編『野獣刑事(デカ)』を一周忌イベントとして上映します。

細野辰興監督成田裕介監督柳島克己撮影監督らスタッフとして参加された方々や、仙元誠三撮影監督とゆかりのある方をゲストにお招きし、在りし日の名キャメラマンを偲ぶトークショーを開催。

トークショー後には、追悼会も行いますので(要別途会費・限定6名様)、仙元撮影監督ファンはぜひご参加下さい。

開催期間

2月27日(土)&28日(日)

 

上映作品

『野獣刑事(デカ)』(1982年/東映/カラー/119分)

監督:工藤栄一

企画:日下部五朗 本田達男

脚本:神波史男

撮影:仙元誠三

美術:高橋章

編集:市田勇

音楽:大野克夫

照明:渡辺三雄

助監督:成田裕介

制作進行:細野辰興

出演:緒形拳 いしだあゆみ 泉谷しげる 益岡徹 西山辰夫 成田三樹夫 小林薫 藤田まこと

あらすじ:雨の夜、ナイフで何度も刺された女子短大生の死体が見つかる。事件の捜査には、有能だが強引なやり方で評判の悪い刑事、大滝も加わった。大滝は恵子という女と同棲している。彼女はかつて麻薬取締法違反で逮捕した阪上の情婦だった。阪上が出所し、恵子の家に転がり込んでくる。大滝と阪上、そして恵子とその息子との、奇妙な共同生活が始まった。大滝は参考人として田中という男を別件逮捕、殴る蹴るの尋問を行い捜査から外されてしまう。阪上は再び覚醒剤に手を出すようになり保護されていった。大滝は恵子に、おとり捜査の協力を願い出る・・・。


 

タイムテーブル(両日共)
14時~
『野獣刑事(デカ)』上映

16時~ 休憩

16時15分~ トークショー ゲスト: 27日 細野辰興監督柳島克己撮影監督 28日 細野辰興監督成田裕介監督

18時20分頃終演予定

終演後、バースペースにてゲストを囲んでの追悼会あり(要別途会費)

料金 前売3500円 当日4000円 追悼会費4000円(フード&指定ドリンク3杯付)

名キャメラマン

仙元誠三撮影監督一周忌上映

「野獣刑事(デカ)」

 

©1982 東映

Copyright (C) 2015 copyrights.cinema novecento All Rights Reserved. © 2015 by Cinema Novecento Films. Proudly created with Wix.com

運営会社:株式会社シネマノヴェチェント 〒220-0051 横浜市西区中央2-1-8 岩崎ビル2F  ☎045(548)8712 eメール:info@cinema1900.yokohama