ロボットアニメの隠れた名作

「機神兵団」

スペシャル

 

©山田正紀・中央公論社/NBCUniversal Entertainment Japan

©山田正紀・中央公論社/NBCUniversal Entertainment Japan

©山田正紀・中央公論社/NBCUniversal Entertainment Japan

©山田正紀・中央公論社/NBCUniversal Entertainment Japan

SF作家の巨匠・山田正紀が第26回星雲賞(日本長編部門)を受賞した、本格SF冒険小説「機神兵団」。

映像化は困難とされたこの作品を、当時の精鋭アニメーターが集結し、全7話、180分に及ぶ大作アニメとして完成させたのがこの『機神兵団』です。

オリジナルビデオ作品として破格のスケールで製作された本作は、1993年のプレミアム試写会においても絶賛され、世のロボットアニメファンの熱烈な支持を受けるも、『機動戦士ガンダム』や『新世紀エヴァンゲリオン』などのビッグタイトルの陰に隠れるような形で時と共に忘れ去られようとしている不遇作でもあります。

今回はその『機神兵団』再評価の機運を高めるべく開催するスペシャルイベント。

上映後のトークショーに、原作者の山田正紀さん、作品の肝となるメカニックデザインを担当した山崎健志さん、そして本作の構成・監督を務めた石山タカ明監督という豪華ゲストをお招きして、令和の時代に『機神兵団』を問います。

トークショー後には恒例のサイン会、ゲストを囲んでの懇親会(要別途会費)も行いますので、ロボットアニメファンの方々はこの貴重な機会をお見逃しなく!!

上映作品

『機神兵団』全7話

(1993年 DVD カラー 約230分)

監督・構成:石山タカ明

演出:水野和則

原作:山田正紀

キャラクターデザイン・作画監督:ゴトウマサユキ

作画監督:ゴトウマサユキ

メカニックデザイン・作画監督補:山崎健志

音楽:和田薫

声の出演:藤田淑子 広中雅志 島田敏榊 川村万梨阿 古川登志夫 鶴ひろみ

高山栄 寺瀬めぐみ 若本規夫

あらすじ:舞台は1937年、上海。8月13日、日本軍上海陸戦隊は突如謎の敵、エイリアンに襲撃される。辛くもこれを退けることには成功するも、敵のロボット兵士の残骸から、プログラムを自己増殖する機能を持ったユニット“モジュール”が発見され、列強各国はエイリアンのテクノロジーと第二次世界大戦前の技術・機械を併用した巨大ロボット兵器『機神』の開発に成功する。第二次世界大戦前夜、暗雲立ち込める世界に突如としてもたらされた未知のテクノロジーにより、今、誰も想像していなかった未踏の歴史が始まろうとしていた・・・。

開催日

6月8日(土)&9日(日)

 

タイムテーブル

6月8日(土)

13時~『機神兵団』上映

16時50分~休憩

17時~トークショー ゲスト:山田正紀さん、山崎健志さん
18時20分~サイン会(お一人一点)

19時頃終演予定

終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)、懇親会中撮影会あり

6月9日(日)

13時~『機神兵団』上映

16時50分~休憩

17時~トークショー ゲスト:石山タカ明監督 MC:ロボ石丸さん

18時20分~サイン会(お一人一点)

19時頃終演予定

終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)、懇親会中撮影会あり

入場料(両日共):前売4000円 当日4500円​ 懇親会費4000円

​※6月9日イベント内に於いて、6月29日&30日開催「モンキー・パンチ先生追悼スペシャル」のチケット先行発売を行います。1イベントお1人1枚まで購入可。

©山田正紀・中央公論社/NBCUniversal Entertainment Japan

Copyright (C) 2015 copyrights.cinema novecento All Rights Reserved. © 2015 by Cinema Novecento Films. Proudly created with Wix.com

運営会社:株式会社シネマノヴェチェント 〒220-0051 横浜市西区中央2-1-8 岩崎ビル2F  ☎045(548)8712 eメール:info@cinema1900.yokohama

FILM INFORMATION

PCの場合 ポスタークリックで作品ページにジャンプ!マウスをスライド左右端に添えると画面移動します

モバイルの場合 ポスタークリックで作品ページにジャンプ!スライドを左右に移動すると画面移動します