小林悟監督追悼上映会

『黒幕』『不能者』

 

fe1b5e9a2b202d81c445ea7b52708efe_1.jpg
h553965980.1.jpg

©松竹

生涯で四百五十本以上の作品を発表し、一人の監督の35ミリ映画製作本数として、日本のみならず世界でも例を見ない映画監督・小林悟

一般映画の監督から、ピンク映画のパイオニアとして、晩年まで精力的に映画製作に取り組んだ、根っからの活動屋でもありました。

その小林監督がお亡くなりになって早20年が過ぎましたが、監督の偉業を称え、また悼み、代表作の上映と、生前の小林監督と交友のあった方々をお招きしてのトークイベントを開催します。

上映作品は、松竹で天地茂を主演に迎えた異色推理サスペンス『黒幕』と、国映でピンク映画黎明期に撮った『不能者』の2作品。

奮ってご参加下さい!

 

開催日:

1月16日(日)

上映作品:

『黒幕』(1966年/松竹/35ミリ/B&W/83分)

監督:小林悟

製作:篠ノ井公平

脚本:堀江和夫

撮影:倉田武雄

美術:福島良一

音楽:真木淑夫

出演:天知茂 野川由美子 佐賀潜 殿山泰司 扇町京子 柳永二郎 利根はる恵 左とん平

あらすじ:大阪道修町界隈の薬メーカー密集地。強精剤“王精”の発売元として、独走する岩倉製薬で“王精”一五〇梱包が盗まれた。社長の岩倉は、東京の赤玉製薬の謀略とにらんだ。強精剤とビタミン剤は大人のお菓子として、薬業界は莫大なかけをして、いわば戦国時代と称されている。大阪岩倉製薬、東京赤玉製薬との虚々実々の苛烈な謀略戦が始まった・・・。

※1月15日(土)12時~上映のみあり

『不能者』(1967年/国映/B&W/87分)

監督:小林悟

出演:仲小路彗理 島たけし 清水世津 谷ナオミ 白川和子 松井康子

あらすじ:短小の青年・進は、女性からからかわれ続けすっかり男としての自信を失っていたが、幼馴染のマリ子と結婚することになる。幸福感の傍ら、無事初夜を迎えられるか懸念が膨らみ・・・。

 

タイムテーブル

13時~黒幕上映

14時25分~休憩

14時35分~不能者上映

16時05分~休憩

16時15分~トークショー ゲスト:白川和子さん 、池島ゆたか監督

17時50分~サイン会・撮影会

18時20分頃終演予定

終演後、吉行さんを交えての追悼会あり(要別途会費)

 

 

料金: 前売4000円 当日4500円 追悼会費4000円

Copyright (C) 2015 copyrights.cinema novecento All Rights Reserved. © 2015 by Cinema Novecento Films. Proudly created with Wix.com

運営会社:株式会社シネマノヴェチェント 〒220-0051 横浜市西区中央2-1-8 岩崎ビル2F  ☎045(548)8712 eメール:info@cinema1900.yokohama

FILM INFORMATION

PCの場合 ポスタークリックで作品ページにジャンプ!マウスをスライド左右端に添えると画面移動します

モバイルの場合 ポスタークリックで作品ページにジャンプ!スライドを左右に移動すると画面移動します

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.